Debugging Station

2007/03/31   -ゲーム, 開発

Debugging Stationは”PlayStation”用に開発されたソフトウェアを検証するための開発ツールです。別売りの”PlayStation”CD-ROM Generator DTL-S2030で作成したCD-Rディスクまたはスタンピングした “PlayStation”用CD-ROM(ブラックディスク)からデータを読み出せます。
(Debugging Station 取扱説明書 概要 より)

通称「デパステ」。
通常のPlayStationはRAMが2MB搭載されているのに対し、Debugging Stationは4MB搭載されている。

デバステの種類

DTL-H1000(H1100)

本体の色が青いので通称「青ステ」と呼ばれている。H1100は供給電源がDCで、本体に熱がこもるのを防ぎ、暴走しにくい仕様になっている。SCEIコード※の無い、CD-Rに焼いたゲームを動かすことの出来る本体である。

※SCEIコードとは
CD-Rメディアには書き込めない領域にあるPlayStation独自のコードのこと。
PlayStation起動時にこのコードを読み込みにいき、認識出来た場合のみゲームが立ち上がるようになっている。
ちなみにPlayStationの登場からよく耳にするようになった「MODチップ」とは、このコードを擬似的にCPUに送り、本物のゲームCDとして認識させるプログラマブルICチップ(PICチップ)のことである。

dtl1x00.jpg
下がDTL-H1000、上がDTL-H1100

DTL-H1200

本体の色が緑色なので通称「緑ステ」と呼ばれている。
debug_box.jpg

開発環境

当時、PlayStationのゲームを作成するには[DTL-H2000 or DTL-H2700 or DTL-H2500]とパソコンが必要だった。
これは企業向けのものなので個人が入手することは不可能だが、個人向けに販売された「ネットやろうぜ!」で代用が出来た。

資料

積んでみました。

デバステタワー

下から DTL-H1000、DTL-H1100、DTL-H1200、DTL-H1200、DTL-H3000、DTL-H3001
DTL-H3000、DTL-H3001は「ネットやろうぜ!」用の本体なので「Debugging Station」ではありません。


  1. 匿名 より:

    すみませんがデバステの取説をスキャンして貼ってくれませんか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Virtual Boy 店頭販促用スタンド

バーチャルボーイの店頭販促用スタンド。 バーチャルボーイは本体に対戦ケーブル端子が存在しながら、ソフト開発終了まで対応ソフトが出なかった不運のハードです。 店頭販促用スタンドは、駅前のゲーム屋(現在は …

ファミコンin1 – SUPER 7 IN 1 (SUPER GAME BS-701)

昔、某サイトでアレしていた時の記録が残っていたのでここに転載。 ファミコンin1の紹介 収録ゲーム 1. スーパーマリオUSA [128/128/4] 2. スーパーマリオブラザーズ3 [256/12 …

ONE STATION

カートリッジ交換式携帯ゲーム機です。 OneStationのソフトはJUNGLETACのサイトにも全ソフトリストが存在していないためどの位の種類があるのか把握できていません。 参考としてアジアから直輸 …

MultiMAX

マックスマシーンのマルチカート。マックスマシーンで動作するCommodore64のゲームも入っている。 何個製造されたかは不明だが現在売り切れ。 収録ゲームとゲーム選択 ゲーム名+Space or R …

ファミコンin1 – SUPER 76 IN 1 (YH-76IN1 SUPER GAME)

昔、某サイトでアレしていた時の記録が残っていたのでここに転載。 ファミコンin1の紹介 収録ゲーム 1. 影の伝説 [32/16/3/87] 2. ギャラクシアン [16/8/0] 3. スターフォー …

RSS Feed