Debugging Station

2007/03/31   -ゲーム, 開発

Debugging Stationは”PlayStation”用に開発されたソフトウェアを検証するための開発ツールです。別売りの”PlayStation”CD-ROM Generator DTL-S2030で作成したCD-Rディスクまたはスタンピングした “PlayStation”用CD-ROM(ブラックディスク)からデータを読み出せます。
(Debugging Station 取扱説明書 概要 より)

通称「デパステ」。
SCEIコード※の無い、CD-Rに焼いたゲームを動かすことの出来る本体である。
通常のPlayStationはRAMが2MB搭載されているのに対し、Debugging Stationは4MB搭載されている。

※SCEIコードとは
CD-Rメディアには書き込めない領域にあるPlayStation独自のコードのこと。
PlayStation起動時にこのコードを読み込みにいき、認識出来た場合のみゲームが立ち上がるようになっている。
ちなみにPlayStationの登場からよく耳にするようになった「MODチップ」とは、このコードを擬似的にCPUに送り、本物のゲームCDとして認識させるプログラマブルICチップ(PICチップ)のことである。

デバステの種類

DTL-H1000(H1100)
本体の色が青いので通称「青ステ」と呼ばれている。H1100は供給電源がDCで、本体に熱がこもるのを防ぎ、暴走しにくい仕様になっている。
dtl1x00.jpg
下がDTL-H1000、上がDTL-H1100

DTL-H1200
本体の色が緑色なので通称「緑ステ」と呼ばれている。
debug_box.jpg

開発環境

当時、PlayStationのゲームを作成するには[DTL-H2000 or DTL-H2700 or DTL-H2500]とパソコンが必要だった。
これは企業向けのものなので個人が入手することは不可能だが、個人向けに販売された「ネットやろうぜ!」で代用が出来た。

資料

積んでみました。

デバステタワー

下から DTL-H1000、DTL-H1100、DTL-H1200、DTL-H1200、DTL-H3000、DTL-H3001
DTL-H3000、DTL-H3001は「ネットやろうぜ!」用の本体なので「Debugging Station」ではありません。

関連記事

Supervision

Supervisionは、1992年にWatara社から発売された携帯型ゲーム機である。 本体には「Crystball」というソフトが一本バンドルされている。 当時爆発的な人気であるGameBoyに対 …

Cuttle Cart 3

Schell’s ElectronicsでCC3を注文中。 CC3は、IntelliVision用の開発/Multi カートで、IntelliVoice対応ゲームである「World Ser …

ATARI Jaguar Multi Cart Kit

ATARI Jaguar Multicartのエイプリルフールネタに引っかかった事はこの記事に書いたが、eBayで本当にJaguarのMulticartが出品されていたので落札してみた。 ただしそのま …

ファミコンin1 – SUPER 42in1 (42IN1 K42004 NO REPEAT)

昔、某サイトでアレしていた時の記録が残っていたのでここに転載。 ファミコンin1の紹介 収録ゲーム 1. PRO WRESTLING (NESソフト) 2. MAGIC CARPET 1001 (NE …

Tournament Colour Programmable 2000

PC-50Xシリーズの内の一つ。 所有ゲーム GRAND PRIX 2004 箱説 STUNT CYCLE 2003 箱 WIPEOUT 箱 所有ハード 本体 箱説 ※Prinztronic製 ACア …


  1. 匿名 より:

    すみませんがデバステの取説をスキャンして貼ってくれませんか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS Feed