森山塔(山本直樹、塔山森)「さくらんぼ倶楽部」

2006/02/26   -漫画

エロはこういう漫画があるから侮れない。
思春期にこういう漫画にハマルと性格捻じ曲がります。私が良い証拠。

単行本リスト

*よいこの性教育 [松文館] 1985/6/15
*まかせなさい! [光文社] 1986/2/20
*ラフ&レディ [司書房] 1986/4/15
*とらわれペンギン [辰巳出版] 1986/5/10
*桃色、大好き! [日正堂] 1986/5/15
*さくらんぼ倶楽部 [ミリオン出版] 1986/7/20
*キはキノコのキ [司書房] 1986/9/1
*ペギミンH [辰巳出版] 1986/12/5
*準子さんの肖像 [笠倉出版] 1986/12/10
*はっぱ64 全3巻 [小学館] 1987/3/1~1987/7/1
*新・さくらんぼ倶楽部 [ミリオン出版] 1987/3/15
*あとは寝るだけ [フランス書院] 1987/6/30
*気まぐれハーベストホーム [光文社] 1987/8/31
*極めてかもしだ 全6巻 [小学館] 87/12/1~1988/10/29
*ごめんねBボーイ [講談社] 1988/3/23
*じっとしててね [フランス書院] 1988/7/31
*なんかヘンな気… [フランス書院] 1988/9/30
*ずっと朝まで… [フランス書院] 1988/11/30
*夜のおたのしみ袋 [フランス書院] 1988/12/31
*これでおしまい!? [フランス書院] 1989/1/10
*真夜中のクロール [フランス書院] 1989/1/31
*あさってダンス 全7巻 [小学館] 1989/9/1~1991/2/1
*BLUE [光文社] 1991/12/10
*YOUNG&FINE [双葉社] 1992/3/28
*フレイクス [シュベール出版] 1992/8/7
*BLUE [弓立社] 1992/10/30
*ペギミンH [富士見出版] 1992/11/15
*とらわれペンギン [富士見出版] 1992/11/15
*僕らはみんな生きている 全4巻 [小学館] 1993/1/1~1993/6/1
*夢で逢いましょう [光文社] 1993/4/30
*死ぬなミミズ [フランス書院] 1993/5/10
*お姫様といろいろ [フランス書院] 1993/8
よいこの性教育 [松文館] 1993/12/25
*そしてイイ気分 [茜新社] 1994/2/28
*夏の思い出 [太田出版] 1994/4/8
まかせなさい! [光文社] 1994/4/30
*ごめんねBボーイ [スコラ] 1994/5/28
*君といつまでも [光文社] 1994/5/31
*こけティッシュ [メディアックス] 1994/9/10
*ありがとう 全4巻 [小学館] 1994/12/1~1995/8/1
*フラグメンツ (1)~ [小学館] 1997/3/20~
*フレイクス [シュベール出版] 1997/8/7
*YOUNG&FINE [双葉社] 1997/11/28
*誘ってあげる [フランス書院] 1998/5/31
*こんな娘といいな [フランス書院] 1998/5/31
*守ってあげたい [太田出版] 1998/7/28

「×つのき駅」について


BE!の?号 「よつのき駅」の予告から (切り抜きなので何号のBE!かわからず)

予告では「よつのき駅」となっていたが、掲載時には「×つのき駅」となっていた。と思う。
(「と思う」と書いたのは、掲載時の雑誌は既に捨てているためにそう書いた。雑誌の捨てる基準として単行本と差分が無い場合と決めているので多分そうだろう。)

伏字になった理由は、「よつ」が被差別部落にかかわる直接的蔑称であるためらしい。※

※という理由をどこかのサイトで見たが本当かどうかは未確認

関連サイト

山本直樹.com

関連記事

村祖俊一(鳴神俊、こうのかなん、光野果南)

昭和43年(1968年)「タイトルおよび発行年月日不明」如月次郎/貸本漫画にてデビューする 村祖先生発信の情報によれば「名無し野郎戦国を行く」?(一方、曙出版株式会社の「孤剣シリーズ/雲を呼ぶ新九郎」 …

小田扉(小田智)

エントリーのみ 単行本リスト *こさめちゃん [講談社] 2001/3 *そっと好かれる [太田出版] 2002/8 *マル被警察24時 [実業之日本社] 2002/12 *男ロワイヤル [太田出版] …

六波羅芳一(ろくはら芳一)「ピンキー・パニック」

昭和62年に出版されたオール書き下ろし処女作です。 表紙を見て「こういう内容だろうな」と思ったらその通りでした。 鶴岡法斎氏の本「マンガロン」(だったと思う)で紹介されたので今では少し有名な漫画になっ …

蛭子能収

蛭子能収の初期作品は衝撃を受けた。でも当時はガロも単行本も買っていなく後に古本屋で購入してからファンになった口。ニッポン戦後サブカルチャー史を観て思い出したので整理のため所有リスト作り。リストはWik …

大越孝太郎「九龍のCG原画」

雑誌「九龍」で発売されていたもの。こういったものを販売していたのは雑誌継続が難しいからか。 画像を見てもらえばわかる通り、限定20部で販売。 20部だから「原画」というのもおかしな話だ。でもCGだから …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS Feed