ゲーム開発 メガドライブ編(1段階)

2007/08/25   -ゲーム, 開発

ファミコン、PC ENGINEとやってきたので次は当然メガドライブです。

http://gendev.spritesmind.netのTOOLSからSGCC(Sega Genesis C Compiler)をダウンロード。このコンパイラに添付されているDEMO1ファイルをちょっと変更すればHello World!を表示できます。

変更箇所は、demo1.cのshow_tilesモジュール。
for文を削除して以下の処理を追加します。

*pw = 0x8000 + 40; /* H */
*pw = 0x8000 + 101; /* e */
*pw = 0x8000 + 108; /* l */
*pw = 0x8000 + 108; /* l */
*pw = 0x8000 + 111; /* o */
*pw = 0x8000 + 0; /* */
*pw = 0x8000 + 55; /* W */
*pw = 0x8000 + 111; /* o */
*pw = 0x8000 + 114; /* r */
*pw = 0x8000 + 108; /* l */
*pw = 0x8000 + 100; /* d */
*pw = 0x8000 + 1; /* ! */

文字を中央に表示するには、

*pl = GFX_WRITE_ADDR(0xe000+0x40*14+20); /* 表示位置:0x40*行+列 */

サンプルソースにはmakefileが添付されていましたが、例によってmakeはどれを入れていいかわからないので、batファイルを作ってコンパイル、ビルドすることで対応しました。

del *.o
del demo1.s
del demo1.bin
@echo “Making component -> *.o”
C:\dev\MD\DEV\BIN\hcc -I..\include\ demo1.c
C:\dev\MD\DEV\BIN\jas demo1.s
C:\dev\MD\DEV\BIN\jas sega.s
C:\dev\MD\DEV\BIN\jas charset.s

C:\dev\MD\DEV\BIN\segald -g -o demo1.bin sega.o demo1.o charset.o

C:\dev\MD\DEV\BIN\の部分は環境に合わせて変えて下さい

あとはビルドして出来たbinファイルをエミュレータで動作させます。

■環境
コンパイラ:SGCC
エミュレータ:MEGASIS

■メガドライブスペック
CPU: MC68000(16bit)、Z80A(8bit)
メモリ:72KB(RAM)、64KB(VRAM)

■参考サイト
Programming (GB,PCE,GBA,MD…)


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ファミコンin1 – 8in1 (KY8004 Super game)

昔、某サイトでアレしていた時の記録が残っていたのでここに転載。 ファミコンin1の紹介 収録ゲーム 1. SONIC 5 2. SPIDER-MAN (起動せず) 3. MAGIC CARPET 10 …

PICNO ピクノ

■所有リスト ゲーム名本体箱説明書備考 SAVE CARD121212RX101 10個入り段ボール モンタージュ111RX102 ふしぎの国のアリス111RX103 **不明**RX104 PICN …

MOD INSIDE シール

PlayStationとSEGA Saturn用のMODインサイドシール。 MOD改造した本体に貼り付ける洒落グッズです。

CD-R

「インターネット」というものはまだまだ普及していなく今みたいにネット通販しているサイトなんてものは一箇所も存在していなかった。そんな当時のお話。 CDバックアップのため、CD-Rメディアが無くなるたび …

ファミコンin1 – SUPER HIK 128in1

128in1 ちゃんと128種類のゲームが入っている良品。 一つのカセットに複数のゲームが入った、いわゆる「in1カート」で有名なのはファミコンのin1カートでは無いでしょうか?今でもあるかどうかはわ …

RSS Feed