ゲーム開発 メガドライブ編(1段階)

2007/08/25   -ゲーム, 開発

ファミコン、PC ENGINEとやってきたので次は当然メガドライブです。

http://gendev.spritesmind.netのTOOLSからSGCC(Sega Genesis C Compiler)をダウンロード。このコンパイラに添付されているDEMO1ファイルをちょっと変更すればHello World!を表示できます。

変更箇所は、demo1.cのshow_tilesモジュール。
for文を削除して以下の処理を追加します。

*pw = 0x8000 + 40; /* H */
*pw = 0x8000 + 101; /* e */
*pw = 0x8000 + 108; /* l */
*pw = 0x8000 + 108; /* l */
*pw = 0x8000 + 111; /* o */
*pw = 0x8000 + 0; /* */
*pw = 0x8000 + 55; /* W */
*pw = 0x8000 + 111; /* o */
*pw = 0x8000 + 114; /* r */
*pw = 0x8000 + 108; /* l */
*pw = 0x8000 + 100; /* d */
*pw = 0x8000 + 1; /* ! */

文字を中央に表示するには、

*pl = GFX_WRITE_ADDR(0xe000+0x40*14+20); /* 表示位置:0x40*行+列 */

サンプルソースにはmakefileが添付されていましたが、例によってmakeはどれを入れていいかわからないので、batファイルを作ってコンパイル、ビルドすることで対応しました。

del *.o
del demo1.s
del demo1.bin
@echo “Making component -> *.o”
C:\dev\MD\DEV\BIN\hcc -I..\include\ demo1.c
C:\dev\MD\DEV\BIN\jas demo1.s
C:\dev\MD\DEV\BIN\jas sega.s
C:\dev\MD\DEV\BIN\jas charset.s

C:\dev\MD\DEV\BIN\segald -g -o demo1.bin sega.o demo1.o charset.o

C:\dev\MD\DEV\BIN\の部分は環境に合わせて変えて下さい

あとはビルドして出来たbinファイルをエミュレータで動作させます。

■環境
コンパイラ:SGCC
エミュレータ:MEGASIS

■メガドライブスペック
CPU: MC68000(16bit)、Z80A(8bit)
メモリ:72KB(RAM)、64KB(VRAM)

■参考サイト
Programming (GB,PCE,GBA,MD…)

関連記事

Multi-Cart with 256 Games for atari2600

ATARI2600のマルチカート。

PC ENGINE「でべろスターターキット」

徳間インターメディアから販売されたPC ENGINEのゲームを開発するツール。 PC ENGINEとパソコンを接続するCインターフェイス、「でべろBOX」が同梱されている。 アセンブラ編とBASIC編 …

Super A’can

Super A’canは、1995年に台湾のFuntech Entertainment社から発売されたゲーム機。 日本での動作 台湾の電源は110V 60Hzですが日本の100V 50Hz …

NINTENDO GAMECUBE NR READER

NR DISCを読むことができるGAMECUBE本体。ようするに開発用本体。 本体脇にリージョンコード切り替えスイッチがついているのが特徴。

Supervision

Supervisionは、1992年にWatara社から発売された携帯型ゲーム機である。 本体には「Crystball」というソフトが一本バンドルされている。 当時爆発的な人気であるGameBoyに対 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS Feed