富永一朗 vs 鈴木義司

2006/02/26   -漫画

せっかちネエヤ ケロリ子ちゃん
富永一朗「せっかちネエヤ」 / 鈴木義司「ケロリ子ちゃん」

昔Aphex TwinがPower-Pill名義で恥ずかしいSingleを出していたのを黙秘しているのと同様に、川島なおみがレギュラーで出演していた事を今では黙して語らない名古屋テレビの名物番組「お笑いまんが道場」で、骨肉の争いを繰り広げた両氏の単行本。今読むと結構カッコイイ。

カルトQのレイヴの回でイントロクイズにPower-Pillが出題されていました。
誰も答えられなかったから当時は注目されていなかったみたいです。曲を聴いたらわかるけどイロモノなので、一発屋と思われたかも知れませんね。

関連記事

漫画の紹介

名作、迷作問わず、個人的に面白いと思う作品を載せました。 基本的には私がAll Completeした漫画家の単行本の中で一番面白い作品やレア度の高い作品を中心に載せています。 タイトルは &#8220 …

山田X(ZERRY藤尾、山田穣)「定本焼肉定食+α」

デビューは少年サンデー超増刊だった。実験的な作品が多い。 単行本が何冊か出ていてどれもオススメですが、初の長編「扉をコジあけて」が入手が容易で読み易いと思います。個人的にはFUN、FUN、FUNが一番 …

安達哲

安達哲さんの漫画を読んでいると、本宮ひろ志のオマージュが出てくる。 逆のパターンが高遠るい。シンシア ザ ミッションとかギャグ調の絵柄、テイストがまんま安達哲。 単行本リスト *ホワイトアルバム 全2 …

小原愼司「菫色画報」

菫画報の単行本発売記念としてアフタヌーン1997年7月号に載せられた菫画報特別編の「菫色画報」。単行本未掲載。 (‘17.7.1) 小原愼司さんのtumblrで菫色画報全ページが公開されて …

村祖俊一(鳴神俊、こうのかなん、光野果南)

昭和43年(1968年)「タイトルおよび発行年月日不明」如月次郎/貸本漫画にてデビューする 村祖先生発信の情報によれば「名無し野郎戦国を行く」?(一方、曙出版株式会社の「孤剣シリーズ/雲を呼ぶ新九郎」 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS Feed